私達が普段何気なく使っているシャンプー。

毎日使用するのでもはや生活の一部でありなくてはならないものとなっています。

しかし、毎日使用するにも関わらずそんな適当にシャンプーを選んでいいんですか?

本当にそのシャンプーはあなたにあっていますか?

私も昔はそうでしたがほとんどの方が市販のシャンプーを使用されていると思います。

しかし、市販のシャンプーは実は非常に洗浄力の高いものが多く使われております。本来、私達は髪に限らずある程度の皮脂は体に留めておかなければなりません。

洗浄力の高いシャンプーの使用や一日に数回のシャンプーなど行うことで最低限必要な皮脂まで落としてしまいます。

それにより皮脂の過剰分泌などが発生し皮脂バランスが乱れそれが薄毛の引き金となるのです。

さらに私のように肌の弱い人間が洗浄力の高いシャンプーを使用すると頭皮に多大なダメージとなり頭皮の炎症を引き起こし薄毛を招きます。

なので自分に合ったシャンプー、また洗浄力がそこまで高くないものや必要以上の皮脂を落とさないといった配慮が髪の毛には必要なのです。

こんな成分が入ってると危ないです!

市販のシャンプーは基本的に「界面活性剤」というものが一般的に使われております。これは洗濯剤や台所の洗剤などにも使われている非常に強力な洗浄液です。

少し言い方に語弊がありますが、市販のシャンプーを使用している人は台所の洗剤などで髪を洗っているようなものなのです。

それくらい強力なものであるとまずは知っておいてほしいです。

そして以下の成分が入っているシャンプーは要チェック!!かなり強力な洗浄液となっていますよ?

まずは先ほど記載した「界面活性剤」ですね。
こちらの成分ができるだけない商品を使用したいところですが・・・市販のシャンプーにはほとんど界面活性剤が使用されております。

なので本当は美容院においてあるようなシャンプーを使用してほしいのですが、やはりコストがかかる分、市販のシャンプーの使用を避けるというのは難しいかもしれません。

しかし最近ではしっかり頭皮のことを考えて作られた「合成界面活性剤」というものも作られています。

なのでそこまで心配する必要ないかもしれませんが、もっとも肌への刺激が強いとされている

・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス硫酸アンモニウム
・ラウリル硫酸塩

これら4つの成分が入っている商品のみ避けるようにしましょう!

これらは洗浄力が高いのですがその分、髪に多大なダメージを与えさらに頭皮の炎症を引き起こしたりします。

硫酸というだけで、かなり危ないイメージもあります。最低限これらの成分名を覚えておき、この成分以外の商品を使用するようにしたいですね。